ふくみみ日記/石垣島より南風に乗せて

アクセスカウンタ

zoom RSS プロジェクトG、その後

<<   作成日時 : 2006/02/08 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

石垣島の今日は曇り。北風が強く吹いて肌寒いです。履くことがあまり好きではない靴下を思わず履いて過ごしています。

11月の終わりにこのブログでお伝えしたプロジェクトGのその後です。
見よう見まねで始めたGシステムですが、すでに始めていた友人たち(めがろぱのマスブチさんとWWFしらほサンゴ村のともちゃん)や、もともとの火付け役であった谷崎さんにお話を伺い、いくつか私の勘違いを知りアドバイスをいただきました。

まず、Gシステムは堆肥を作るものではなく基本的にゴミ処理機である、ということ。そしてみなさんの場合、ゴキブリの種類はサツマゴキブリではなくオガサワラゴキブリで実施しているということ。

ゴキブリが生ゴミを食べてフンをして、それが堆肥になるのかと思っていたけど、どうやら違うみたいです。ある程度システムが軌道に乗ると、ゴミを入れても入れても体積に大きな変化がなくなるらしいです。不思議だねー。ほんとかなー。納得できないので観察を続けてみましょう。

ゴキブリの種類については、谷崎さんに相談して始めた場合に持って来てくれるスターターキット(?)には、小さなオガサワラゴキブリが30匹くらい入っているそうです。
うちではそこいらにじっとしているより大きなサツマゴキブリを最初3匹ほど放り込んだだけでした。谷崎さん曰く「サツマゴキブリがそんなに身近にいるの?」と驚いていました。ふくみみ家はより自然度が高い環境にあるということのようです。サツマゴキブリでもいいはず、とのことなので、それからは数を増やそうと捕まえに捕まえ40匹は入れたと思います。そのうちオガサワラゴキブリがいる場所も発見したので、こちらもけっこう投入しました。
卵の殻やサザエなどの貝殻を入れると、隠れ場所ができてゴキブリは喜ぶよ、というアドバイスもいただきました。

うちのGシステム、ウジがわいたりハエが多かったり、うまくいっているのかよく分かりませんが、先日の旅行から戻ってきたらGシステムの中に一回り小さな色の薄いサツマゴキブリがたくさんいたので、とりあえずゴキブリは繁殖しているようです。ちなみにサツマゴキブリの場合、お母さんのお腹の中で卵を孵化させるそうです。
そして、入れて一週間くらいたったゴミはどこかになくなっているので、生ゴミ処理にはなっているようです。
もう少し様子をみましょう。

ゴキブリの写真載せようかと思ったけど、まだまだ抵抗がある人も多いようなので今回はやめときますね。 (けんじ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロジェクトG、その後 ふくみみ日記/石垣島より南風に乗せて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる